日本IPO実務検定サイトマップお問合わせ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小受験のお申込みはこちらからトップに戻る
イメージ
トップページ > 試験概要 > 試験要領
IPO実務検定試験の特徴合格によって認定される能力 合格までの道のり受験者動向合格者の呼称試験範囲試験要領試験申し込み窓口継続研修制度FAQ

受験のお申込みはこちらから
社内受験制度
法人研修プログラムのお申込みはこちら
会員ページログイン

IPOつながりの輪!会員限定掲示板
試験要領

●試験方式:CBT(Computer Based Testing)方式(コンピュータ画面での試験になります)

CBTとは?

※標準レベル試験は選択式、上級レベル試験は選択式及び記述式になります。
●受験会場、試験実施日時及び申込期間:受験する方の都合に応じて、受験する会場(全国の主要都市をおおむねカバーしています)や日時を自由に選択できます。詳細はこちらでご確認下さい。なお、試験申込みは、受験日の3日前まで可能です。また、申込月の翌月より3か月先まで予約可能です。
●試験申込先:こちらよりお申し込み下さい。
●受験料:
標準レベル試験 11,400円(税抜) ※税込 12,312円
上級レベル試験 19,000円(税抜) ※税込 20,520円
●再受験制限規定:特段の再受験制限規定は設けておりません。(2013年4月1日より標準レベル試験において、また、2015年4月1日より上級レベル試験において、再受験規定は廃止されております)
●受験資格:
標準レベル試験:無し
上級レベル試験:(1)標準レベル試験の合格、あるいは、(2)上場準備の実務経験が3年以上あること
●問題数:
標準レベル試験:選択式60問(「倫理・社会的責任」から5〜10%程度、「制度・コンプライアンス」から30〜40%程度、「上場準備実務」から50〜65%程度)
上級レベル試験:選択式60問(「制度・コンプライアンス」から25〜40%程度、「上場準備実務」から60〜75%程度)及び記述式3問(「制度・コンプライアンス」及び「上場準備実務」から3問)
●試験時間:
標準レベル試験:60分
上級レベル試験:90分(選択式60分、記述式30分)
●合格ライン:
標準レベル試験、上級レベル試験ともに70%以上の正答率とします。
上級レベル試験は、選択式の採点結果と記述式の採点結果の平均値(単純平均)により合否を判定いたします。
●合格者の想定レベル:
標準レベル試験:上場準備スタッフとして、上場準備室長のサポート的な業務をこなすことができる。
上級レベル試験:上場準備室長として、上場準備に必要な業務の特定ができるほか、それらの業務を社内の各部門や担当者にアサインしたり、監査法人、証券会社などの上場関連プレイヤーとの折衝ができる。
●試験結果:
標準レベル試験:試験結果は試験直後に判明します。なお、後日、試験結果を再度お知らせいたします。
上級レベル試験:選択式の結果のみ、試験直後に判明します。
選択式の足切りライン(50%)をクリアした方のみ、約2週間〜1か月後に、記述式の採点(手採点)結果を含めた最終合否を通知いたします。
なお、受験後の問題・回答結果の個別開示は一切対応しておりません。
試験要項については、適宜見直される可能性があります。最新版については、本ページにてご確認下さい。

 

IPO実務検定試験に関するお問い合わせ先
日本IPO実務検定協会事務局
担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@ipo-kentei.or.jp

 

↑ページトップへ