日本IPO実務検定サイトマップお問合わせ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小受験のお申込みはこちらからトップに戻る
イメージ
トップページ >受験者へのお知らせ >IPO実務検定公式テキスト第四版の正誤表
IPO実務検定公式テキスト第四版の正誤表

 IPO実務検定公式テキスト第四版の正誤表は次の通りです。

訂正箇所
22
上から5行目
マザーズ、JASDAQは10億円以上 マザーズは10億円以上
22
最終行
・・・意見も聞こえる。 ・・・意見も聞こえる(現在では、北海道と何らかのつながりを有している企業に限定されている)。
31
上から3行目〜6行目
新規上場申請日の直前事業年度の末日における純資産の額が上場基準を充たすことが求められている。ただし、札幌証券取引所アンビシャス市場及び福岡証券取引所Q-Board市場では、上場日を基準としているため、上場時公募による純資産の増加額を加算できる取扱いとなっている。 上場日における純資産の額が上場基準を充たすことが求められている。ただし、大阪証券取引所では新規上場申請日の直前事業年度の末日における純資産の額で判断する取扱いとなっている。
37
「形式基準比較表」の二部市場及び一部市場の「純資産の額」
直前期末(連結) 上場日(連結)
40
「形式基準比較表」の二部市場及び一部市場の「純資産の額」
直前期末(連結) 上場日(連結)
41
「形式基準比較表」のアンビシャス市場の「純資産の額」
上場時 上場日
41
「形式基準比較表」の本則市場の「純資産の額」
直前期末 上場日
42
「形式基準比較表」の本則市場の「純資産の額」
直前期末 上場日

 謹んでお詫び申し上げますとともに、訂正をお願いいたします。




 

IPO実務検定試験に関するお問い合わせ先
日本IPO実務検定協会事務局
担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@ipo-kentei.or.jp

 


受験のお申込みはこちら
社内受験制度
法人会員のお申込みはこちら
会員ページログイン

  
IPOつながりの輪!会員限定掲示板
↑ページトップへ