日本IPO実務検定サイトマップお問合わせ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小受験のお申込みはこちらからトップに戻る
イメージ
トップページ >合格者の声一覧 >合格者の声
合格者の声

株主名簿管理人関連会社
芳地 将文 様
試験の種別:標準レベル

―――IPO実務検定を受験したきっかけは何ですか?

現在、株主名簿管理人関連会社内で、専用の機械を使って株式の名義変更、株主の方の住所変更、イメージ撮影、議決権行使書の集計などのデータ作りを行うオペレーターとして働いています。オペレーターとしての関わりだけでは、自分が携わっている業務の前後でどのような処理や実務が行われているのかが見えづらいところがありました。こうした中、お客様にIPO実務検定の存在を教えていただきました。すぐに書店に行きIPO実務検定試験公式テキストを見てみると、私が現在行っている業務に関することをはじめ、IPOにかかわる業務内容が多岐にわたって書かれており、「これを勉強すれば、お客様に対して今よりも良いサービス、仕事を提供できるのではないか」と考え、受験しました。

―――IPO実務検定合格のためにどのような準備をしましたか?

勉強に使用したのは、IPO実務検定試験公式テキストとIPO実務検定試験公式問題集の2冊です。まず始めにテキストを一通り読み、その後問題集を何回も解き、解説を頭に入れるという方法で勉強しました。 特に意識したのは、頭の中に“もう一人の自分”を作るということです。そのもう一人の自分が私に対して質問し、それに私が答えていくという方式で、もしその質問に答えられなければ「理解できていない」と判断し、その箇所を繰り返し勉強しました。

―――IPO実務検定を受験してよかったことは何ですか?

IPO実務の全体像を俯瞰することができ、自分が携わっている業務の位置付けや仕事の内容への理解が深まったことが良かったと思います。
お客様とお話する際にも、お客様の話の内容が、以前よりもすんなりと頭に入ってくるようになりました。

―――IPO実務検定の社内での活用法を教えてください。

今のところIPO実務検定を直接活用できる場面はありませんが、IPO実務検定を通じて業務に関する知識の整理ができることから、未受験の方に受験をお薦めしていきたいと考えています。

―――今後の目標について教えてください。

今後は、上級レベルの合格を目指しつつ、IPO実務検定に関連する他の資格の受験を視野に、更に勉強していきたいと考えています。



IPO実務検定試験に関するお問い合わせ先
日本IPO実務検定協会事務局
担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@ipo-kentei.or.jp

 


受験のお申込みはこちら
社内受験制度
法人会員のお申込みはこちら
会員ページログイン
IPOつながりの輪!会員限定掲示板
↑ページトップへ