日本IPO実務検定サイトマップお問合わせ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小受験のお申込みはこちらからトップに戻る
イメージ
トップページ >合格者の声一覧 >合格者の声
合格者の声

PwCあらた有限責任監査法人
須藤直樹 様
試験の種別:上級レベル

―――IPO実務検定を受験したきっかけは何ですか?

私は監査法人のIPO部に所属しており、IPOアドバイザリーサービスのうち、主に内部統制構築や会計に関連するアドバイザリーサービスを提供しています。IPOアドバイザリーサービスはこれらの領域の他にも、資本政策や関連当事者、事業計画策定や予算分析や反社対応等、幅広い観点の知識が求められます。これらの領域毎の知識はある程度身に着けていました。領域毎の点の知識を整理し、線となる知識を身に着け、アドバイザリーサービスの品質向上に役立てたいと思い、受験を決意しました。

―――IPO実務検定合格のためにどのような準備をしましたか?

公式問題集をメインに問題を解き、不明点や内容を整理したい項目については、公式テキストまで戻って知識を補完しました。公式問題集は、5回転ほどまわしました。記述問題については、問題文をみて、解答のキーワードやロジックをすぐに頭の中でアウトプットできるようにすることを意識しました。

―――IPO実務検定を受験してよかったことは何ですか?

今まで断片的であった知識を整理することができました。特に、上場する際に要求される項目の根拠(例:会社法、上場規程、コーポレート・ガバナンスコード等)を整理することができました。また、公認会計士の業務において、メインで取り組むことのない労務管理関連の基礎知識の向上にも役立ちました。

―――IPO実務検定の社内での活用法を教えてください。

IPOアドバイザリー業務において、弊グループ内の社会保険労務士事務所と共同してサービスを提供する機会があります。試験を通じて身に着けた労務管理関連知識に基づき、社会保険労務士事務所との連携を深め、顧客に対してより高品質なIPOアドバイザリーサービスを提供することに役立てたいと考えています。



IPO実務検定試験に関するお問い合わせ先
日本IPO実務検定協会事務局
担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@ipo-kentei.or.jp

 


受験のお申込みはこちら
社内受験制度
法人会員のお申込みはこちら
会員ページログイン
IPOつながりの輪!会員限定掲示板
↑ページトップへ