日本IPO実務検定サイトマップお問合わせ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小受験のお申込みはこちらからトップに戻る
イメージ
トップページ > 試験概要 > IPO実務検定試験の特徴
IPO実務検定試験の特徴 合格によって認定される能力 合格までの道のり受験者動向合格者の呼称試験範囲試験要領試験申し込み窓口継続研修制度FAQ

受験のお申込みはこちらから
法人研修プログラムのお申込みはこちら
会員ページログイン

IPOつながりの輪!会員限定掲示板
IPO実務検定試験の特徴

試験のパンフレットはこちら

 上場するためには、監査法人による会計監査や、証券会社による引受審査、証券取引所による上場審査などにパスしなければなりません。その過程では、膨大な上場申請書類を作成したり、証券会社の審査部からの質問に対して限られた時間の中で回答しなければならないなど、上場準備特有のスキルが求められます。

 しかしながら、上場準備のスキルを身につけることができる場所は、上場準備企業や監査法人の株式公開支援部、証券会社の公開引受部・審査部などに限られており、上場準備は、その詳細を学びたくても学ぶことができない分野の一つとなっています。このため、上場準備スタッフは構造的に不足しがちであり、これにより上場が延期になったり、最悪のケースでは、上場そのものをあきらめざるを得ない企業もみられます。

 IPO実務検定は、このような事態を回避・解消するため、上場準備に関する専門知識を持ち、上場準備を企業内部から支えることができる人材を早期に育成するべく創設された試験です。IPO実務検定は、上場準備の実務を遂行するにあたって必要となる知識をまんべんなく、総合的に問う本邦初の試験であり、豊富な実務経験を持つ上場準備の専門家が中心となって膨大な上場準備実務を分析・体系化することにより、実務に根ざした問題を中心に構成されています。したがって、IPO実務検定に合格するための勉強をすれば、短期間で自然に上場準備の実務能力を身につけることができます。IPO実務検定の受験勉強を通じて学んだことは、現在上場準備企業で働く方や、上場関連のビジネス(監査法人、ベンチャーキャピタル、証券会社など)に携わる方にとっては仕事にダイレクトに役立つことはもちろん、これから上場準備の世界に身を置きたいと考えている未経験者や学生にとっては、上場を目指す成長企業に転職・就職するためのツールとしても役に立つはずです。

 

IPO実務検定試験に関するお問い合わせ先
日本IPO実務検定協会事務局
担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@ipo-kentei.or.jp

 

↑ページトップへ